痩身エステQ&A

痩身エステの勧誘事情!勧誘された時の上手い断り方は?


痩身エステでキャビテーションなどの施術を体験したいけれど、しつこく勧誘されるのではないかと心配な方も多いのではないでしょうか。サロンで実際に勧誘されたとき、どのようにふるまえばよいか事前に分かっていれば心強いものです。


そこで今回は、痩身エステの勧誘事情について解説するとともに、きつい勧誘が起こりやすいサロンの特徴や勧誘の上手な断り方についてご紹介します。あわせてクーリングオフ・中途解約についても触れますので、万が一の際の参考にしてください。


痩身エステでの強引な勧誘は減少傾向?



痩身エステでは、どのような勧誘が行われるのでしょう。サロンでの勧誘について考えるとき、参考になるのがスタッフの報酬システムです。痩身エステで働くスタッフの多くはノルマを抱えています。ノルマを達成することができたり、契約をたくさん取ることができたりすれば、スタッフが手にする報酬もアップしていきます。


業界全体としてスタッフの報酬にこのような傾向があるため、体験で訪れた人に対して積極的にサロンのメニューを勧めるのです。そのため、少しだけ体験するだけという軽い気持ちで痩身エステを利用すると、施術前後にスタッフのセールストークで悩まされることがあります。


その一方で、強引な勧誘をして契約を結ばせることは、明らかな法令違反となります。過去には契約書にサインをするまでサロンから出られないという悪質なケースや、支払能力を超えた高額な契約をさせられるケースが相次いだことがありました。こうした強引な勧誘手法が明らかになったため、消費者側の自衛意識も高まりつつあります。


また、強引な勧誘が社会的に問題視されたことで、最近ではエステサロン側も客が苦痛を感じるような、しつこい勧誘はしなくなってきたといえるでしょう。特に、大手のサロンの場合、ホームページやチラシなどでしつこい勧誘をしないことを宣言しているところが増えてきました。


あらかじめ、しつこい勧誘がないとわかっていれば、初めての体験メニューも安心して利用することができるでしょう。


きつい勧誘がありがちなサロンの特徴とは?



これまでと比べると、痩身エステできつい勧誘をされることは少なくなりましたが、それでもしつこく感じられることもあるものです。大手サロンの場合には、それなりの数の顧客を抱えていますし、勧誘がしつこいと口コミサイトに書かれることにもつながります。


しつこい勧誘によって一時の契約が取れても長い目で見ればサロンの評判を落とす恐れがあるので、大手サロンでは無理な勧誘は避ける傾向があります。


その一方で、小規模なサロンの場合には、オーナーの意向が反映されるため、サロンごとに勧誘に対する姿勢の違いが大きくなる傾向があります。また、サロンのなかには経営状態のよくないものもあり、このようなサロンでは無理をしてでも契約にこぎつけたいという事情もあります。


社会的にキャッチセールスに対する警戒が強くなっているため街中での勧誘はせず、体験プランのような気軽に体験できるメニューで来店を誘い、店舗で契約してもらいたいと考えるサロンもあります。街角でエステの勧誘を受けたとき、少しでも怪しいと感じたら利用しないことが大切といえるでしょう。


また、チラシやキャンペーン情報を見て怪しく感じなくても、来店したときに先払いでまとまった契約を迫るサロンも要注意です。サロンの経営が苦しいため、できるだけ当座のお金を集めようとしているのかもしれません。契約後に万一サロンが倒産してしまったときには、すでに払ってしまったお金を取り戻せなくなる可能性があります。


勧誘された時の上手い断り方は?



痩身エステでスタッフから勧誘されたとき、どのように断ればよいのでしょう。上手に断るコツは、痩身エステの来店時から会話やアンケートの記入に気を配ることです。来店時に記入するアンケートでは、職業欄に主婦や無職と記入しておけば、あまり自由になるお金がないことをさりげなく伝えられます。美容にかけられるお金も少なめに申告しておきましょう。


記入したアンケートを渡すときに「このあと約束があるので、何時までにはここを出なくてはならない」と伝えておけば、勧誘が長引いてしまう恐れもありません。


施術中にはスタッフからおすすめの施術メニューの提案を受けたり、お店の商品購入を持ちかけられたりすることが多いものです。スタッフに気を使って、メニューや商品に興味がある反応をしてしまうと、後からしつこく勧誘される可能性があります。そのため、施術中にスタッフから話しかけられても、あまり乗り気にならず受け流しておくとよいですね。


メニューをいろいろ勧められたけど契約する気がない場合には、「今日は体験だけで契約はしません」とはっきり伝えましょう。すぐに契約しない理由として、「いくつか気になる痩身エステがあるので比較してから決めたい」とか「友人の勤務するサロンにも予約を入れている」などと伝えれば、角が立たずやんわり断れます。


施術後にあらためて勧誘されたときにも、その場で契約する気がないことを伝えれば、それ以上無理に勧めることはできなくなります。


クーリングオフ・中途解約について



熱心に勧誘されたので契約してしまったけれど、痩身エステに通いたくないということはあるものです。そんなときにはクーリングオフが利用できるかどうかチェックしてみましょう。


エスティティックサロンは長期的で高額なサービスを提供する「特定継続的役務」に該当しますので、期間が1か月を超え、金額が5万円を超える契約をしている場合には、サロンで契約していてもクーリングオフが適用できます。クーリングオフができる期間は、契約書面の受け取り日を含めて8日間となっていますので、契約を解除したいときには急いで手続きをしましょう。


手続きのポイントは、まずは電話連絡をして、そのあと必ず書面で通知することです。文面には「契約を解除」して「商品を返還する」こと、「支払った金額を返還してほしい」という内容を盛り込み、契約年月日・商品・契約金額・販売店・氏名・通知日を記載します。支払い済みの金額を返還してもらう銀行口座も記載しておくとよいです。


また、クレジット契約をしているときにはクレジット会社も記載して、サロンとクレジット会社の両方に通知します。送付の際には簡易書留や特定記録郵便のような記録を残せるものを選びましょう。購入した商品の返却方法については、後からトラブルにならないよう、きちんと話し合いをしておく必要があります。


契約から8日間を過ぎてしまってクーリングオフができなくなっても、諦める必要はありません。解約手数料はかかってしまいますが、中途解約する方法があります。中途解約の対象となる契約期間や金額の要件もクーリングオフと同様で、解約すると未利用回数分の料金を返してもらうことができます。


解約手数料の金額は、施術を受ける前であれば2万円が上限となり、施術を受けていれば、未利用料金総額の10%または2万円のうち、金額の低い方となります。数回通ってみたけれど、やはり通いたくないと感じたときにも中途解約なら適用できます。


まとめ



痩身エステの強引な勧誘は全体として減少する傾向にありますが、中にはしつこく勧誘してくるサロンもあります。勧誘されたときに上手に断るためには、来店時から一貫した対応をすることがポイントになります。


あらかじめ当日契約する気がないことと、施術の後に用事があることを伝えておけば、スタッフも見込みがないと感じて強引な勧誘はしないものです。施術前後のセールストークにも、あまり興味があるそぶりを見せないように気を付けたいものです。


その場の雰囲気で望まない契約をしてしまった場合には、金額や期間の要件を満たしていれば、クーリングオフや中途解約が適用できます。手続きは必ず書面で行い、配達記録を残しておきましょう。


関連ページ

オールハンドの痩身エステのメリット・デメリットは?種類は?
痩身エステは未成年でも通える?保護者の同意が必要?
痩身エステ後の揉み返しの原因・症状・対処方法は?
痩身エステのカッピングの効果は?メリット・デメリットは?
痩身エステの後に運動すると効果的?有酸素運動がいいの?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ