痩身エステQ&A

痩身エステ・キャビテーションの後に運動すると効果的?有酸素運動がいいの?


痩身エステと運動、どちらの方法でダイエットを行うか悩んでいませんか。実は痩身エステの後に運動を行うと、さらにダイエット効果を高めることができると言われています。そのため、せっかく痩身エステでキャビテーションなどを行うなら単独で行うのではなく、運動も合わせて行うのがおすすめです。


今回は痩身エステと運動の関係や、痩身エステ後のおすすめの運動についてもご紹介していきます。痩身エステの効果をさらに高めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


ダイエットするなら痩身エステ?運動?



ダイエットを行うのであれば、できるだけ効果の高い方法で行いたいものです。痩身エステと運動はダイエットに効果的な方法ではありますが、実際のところ、どちらの方がダイエット効果は高いのでしょうか。


運動によるダイエットの特徴は、継続的に運動することで筋肉量が増えて基礎代謝が高まるため、太りにくい体質になることにあります。筋トレなどの運動によりしっかり筋肉をつけてあげれば、長期間にわたってダイエット効果を維持しやすいですし、リバウンドしにくいのも大きなメリットです。


一方、デメリットは、効果が現れるまでにどうしても時間がかかってしまう点です。人によってはダイエット効果が実感できるまでに数か月ほどかかる場合もあるため、すぐに効果を出したい方には不向きと言えます。


エステサロンでのダイエットの大きな特徴は、マッサージやキャビテーションマシンなどにより脂肪細胞やセルライトに直接刺激を与えられるので、数回の施術でダイエット効果が得られる場合もあるなど短期間でダイエット効果を得られる点にあります。


マッサージにより血行やリンパの流れも良くなるため、老廃物の排出が促されて基礎代謝の向上効果も期待できますから、食事制限ダイエットなどに比べてリバウンドしにくいのも特徴の1つです。


さらに、二の腕や太ももなど痩せにくい部位の部分痩せを期待できるなど、たくさんのメリットがあります。お金がかかってしまうのが難点ですが、短期間でダイエットする必要がある、どうしてもこの部分だけ細くしたいという場合は、運動よりも痩身エステの方が良いかもしれません。


痩身エステの後に運動する意味とは?



痩身エステと運動、どちらの方法でダイエットをしようかと悩んでしまうこともありますが、実は痩身エステと運動を合わせて行うことで高いダイエット効果を期待できることを知っていますか。痩身エステにより全身の脂肪や筋肉が柔らかくほぐされると、血行やリンパの流れが良くなります。すると体が温まって脂肪が燃焼しやすい状態になるため、運動による脂肪燃焼効果もより高めることができるのです。


痩身エステに通うだけで満足してしまいがちですが、それだけに頼りきってしまうとなかなか期待した効果を得られない場合もあります。そんな時は運動を合わせて行ってダイエット効果を高めてあげるようにしましょう。


また、運動と軽い食事制限を組み合わせるとより効果的です。痩身エステ後は基礎代謝が高まっていますから、老廃物の排出機能や栄養の吸収力が向上しています。つまり痩身エステ後すぐに食事をしてしまうと、その食事のカロリーをどんどん吸収してしまうことになるのです。


さらに悪いことに、食事により腸が活発に働き始めると副交感神経が優位になりますから、体が休息モードに入って脂肪の燃焼作用が低下してしまいます。最低でも痩身エステ後2時間は食事をしないようにし、食事の際は脂質や糖質の多い食材を避けて高タンパク低カロリーの鶏肉や大豆製品を活用して、痩身エステの効果を落とさないように心がけるのが大切です。


痩身エステ後に運動や簡単な食事制限を行うことでダイエット効果を高めることができますから、ぜひ積極的に取り組んでみてください。


どんな運動がいいの?有酸素?無酸素?



痩身エステ後は体の代謝機能が向上しているので、筋肉を作る筋トレなどの無酸素運動よりも脂肪燃焼を促す有酸素運動を行う方がダイエットには効果的です。代表的な有酸素運動といえばウォーキングやランニング、サイクリング、水泳などが挙げられますが、痩身エステ直後にあまり強度の高すぎる水泳などの運動をしてしまうと揉み返しの原因にもなりますので注意が必要になります。


ウォーキング・ジョギングなどの軽い有酸素運動を行うようにしてもOKですし、普段の生活の中でできるだけ階段を使うようにする、目的地の一駅手前でバスや電車などを降りて歩くようにする、背筋を伸ばして正しい姿勢をとるようにするなど、少しの工夫をするだけでも痩身エステと運動による相乗効果が期待できます。


もし運動による効果を最大限に得たいのであれば、運動中の心拍数を管理するのがおすすめです。脂肪が燃焼しやすい心拍数は、最大心拍数の60%前後と言われています。それ以下だと脂肪燃焼効率が低下してしまいますし、それ以上になると無酸素運動になってしまうため同様に脂肪燃焼効率は低下します。最近は心拍数を測定できるスマホアプリもありますし、心拍数が測定できるリストバンド型活動量計も様々なメーカーから市販されていますので、使いやすいものを探してみてください。


痩身エステ後の適度な運動を継続していけば、痩身エステにより向上した高い代謝を維持しやすくなります。高代謝状態を維持できれば、リバウンド防止や痩せやすい体質作りにも効果的です。運動が苦手だから痩身エステを行っているという方もいるかもしれませんが、軽い運動で構いませんのでぜひ自分のできる範囲で取り組んでみてください。


その他、施術後の注意点とは?



痩身エステは通常のエステとは異なり、実はかなりのエネルギーを消費します。そのため、施術後に空腹感を覚える場合も少なくありません。特に施術後に運動を行うとよりお腹が空いてドカ食いしてしまい、せっかくの痩身エステを無駄にしてしまう場合もあります。


痩身エステ後は代謝とともに栄養吸収力も高まっているため、ドカ食いの影響が大きくなりやすいのです。痩身エステ後は脂質や糖質が多く含まれている食事は避けるようにして食事量に注意し、痩身エステの効果を無駄にしないようにしましょう。


せっかく体重や体脂肪が落ちたのに台無しにしてしまわないようにしたいものです。体脂肪率の計測できる体重計に毎日乗ることはダイエットのモチベーション維持に役立ってくれるでしょう。


また、痩身エステ後は、代謝の向上により普段よりも汗をかきやすい状態になっています。ちょっと運動しただけでも汗がたくさん出てくることもありますから、脱水症状に特に注意が必要です。いつもよりこまめに水分補給するように心がけ、ドリンクも水ではなくスポーツドリンクなどを用意しておくと脱水症状予防になります。


痩身エステの施術中はただベッドに横になっているだけではあるのですが、刺激の強いマッサージやマシンによる筋肉運動が行われているため、実は体にはかなりの負担がかかっています。自分が考えている以上に体が疲労していることも多いので、あまり無理に運動しすぎないように注意してください。


痩身エステの効果をより高めようとして無理な運動を行なって体を痛めたり、体調を崩してしまったりしては元も子もありません。自分の体の状態をしっかり把握して、適切な量の運動を行うようにしましょう。


まとめ



キャビテーションなど痩身エステに通うにはお金も時間もかかりますから、できればその効果をより高めて長期間維持したいものです。「痩身エステをしているから、その他のダイエットはしなくても良い」と考えてしまいがちですが、簡単や運動や食事制限を組み合わせるだけでダイエット効果を高められるようになります。


痩身エステにより得られた高代謝状態を最大限に活用するためにも、体に無理のかからない範囲でぜひ有酸素運動を取り入れてみてください。ダイエット効果を得られやすくなるだけではなく、その後のリバウンド防止や体型のキープにも効果が期待できます。


適度な運動を行えばストレス解消にもつながりますから、痩身エステをフル活用して心身ともに健康的で綺麗な体を目指していきましょう。


関連ページ

痩身エステは未成年でも通える?保護者の同意が必要?
痩身エステ後の揉み返しの原因・症状・対処方法は?
痩身エステのカッピングの効果は?メリット・デメリットは?
光痩身エステの効果は?キャビテーションとの違いは?
インドエステの施術の種類は?どんな効果が期待できるの?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ