痩身エステQ&A

痩身エステのカッピングの効果は?メリット・デメリットは?


カッピングはエステや美容整体などで昔から注目されている施術方法です。


たくさんの容器を背中につけた人の写真や取り出されたドロドロとした血のかたまりの写真はなかなか衝撃的かもしれませんが、その効果から女性を中心として注目度が高まりつつあります。自分の悩みに合った痩身エステの方法を知ることは大切なことです。


だから、ここではカッピングについて、カッピングの効果やエステで施術を受けるメリットやデメリットについてお伝えします。


そもそもカッピングとは?



アジアのみならず、世界各国で古来より親しまれてきたカッピング。カッピングとは背中やお腹、腕などに真空状態の容器を複数置いて、体内、とりわけ皮膚の表面付近の毛細血管内に滞っていた瘀血(粘度が高く、血行が悪くなった状態の血)を吸い上げる療法です。この施術の仕方から、別名「抜罐(ばっかん)療法」「吸い玉療法」と呼ばれています。


カッピングにはさまざまな種類があり、火罐法はアルコール類を容器に入れ、その吸引力を利用して吸い上げる方法、針罐法は鍼を皮膚に刺して吸い出す方法、閃罐法は容器を素早くはめたり引き抜いたりを繰り返す方法、走罐法はオイルなどを塗った皮膚の上でしばらく放置した後、皮膚の上をスライドさせる方法です。


種類にはいろいろありますが、施術の方法は基本的にはどれも同じです。ヒートマットやジャグジーなどで体を温めた後、ベッドに横になったなら、血行が悪くなっていると思われる箇所、気になる箇所に、真空状態にしたガラス製やプラスチック製の容器を置いていきます。


エステサロンなどで行う場合には、東洋医学に基づいて痩身に効果的なポイントに置いてもらえます。吸引している時間は長くても3分程度です。このときそれまでの血液の流れ具合によって痛みを感じることがありますが、通常は「イタ気持ちいい」程度だといわれています。容器を外した後には、痛みが残らないように揉みほぐします。スムーズに進めば、施術は20分程度で終了します。


カッピングの効果とは?



血行が悪くなると、体にはさまざまな不調が現れます。たとえば、いつも手足が冷えている方や肌や唇のくすみが気になる方、便秘や下痢など腸の調子が不安定で悩んでいる方は、血行の流れが悪くなっている可能性があります。他にも、暗記力低下、肩こり、頭痛、筋肉痛、倦怠感、めまい・動悸などに血液の流れが関係しています。


このため、カッピングによって血行の流れを改善すると、こういった症状が改善される可能性があります。医院で受けるカッピングほどではないかもしれませんが、エステサロンでのカッピングにもこのような効果は期待できます。


さらに、血行促進の効果は体の不調の改善にとどまりません。血行が良くなると、低下していた基礎代謝をあげることができるようになり、また体脂肪を効率よく燃焼できるようになるので、痩せやすい体質に変える力があるといわれています。


つまり、カッピング自体にダイエット効果は認められないのですが、カッピングのデトックス効果によって、体質が改善されポッコリお腹や下半身太りの解消にもつながるのです。また、エステサロンにはリンパマッサージなどより効果を高めるためのメニューがあるので、それも活用することをオススメします。


カッピングを受け、新陳代謝を向上させた方の中には、シミや乾燥などお肌のトラブルが改善され、若々しい弾力のあるお肌を取り戻した方も多くいます。活性酸素を除去し、ホルモンバランスを整えるというアンチエイジング効果もカッピングによって期待される効果の1つといえるでしょう。


痩身エステのカッピングのメリットは?



カッピングを自宅でも行えるようにプラスチック製の容器が販売されています。確かにカッピングは気になる部位(ツボ)に容器をはめるだけという一見簡単な施術方法なのですが、実はひどい肌荒れのある方や妊娠中の方が行うべきではないといった注意点や、眼、喉の前面でカッピングを行ってはいけない、激しい運動をした直後や、食後1時間以内は施術をしてはいけないというNG事項があります。


加えて、カッピング後、血の巡りが良くなったことから、全身の痒み、疲労、眠気、ふらつきなどの好転反応(変質細胞が正常細胞に修復されるときに起こる反応現象)が起こることがあります。これらの症状は副作用ではなく、体質が改善されるときに起こるものである可能性が高いので、ほとんどの場合安心していていいのですが、事前に何の知識もなくこうした症状が突然現れると、驚いてしまうかもしれません。


このため、カッピングはエステティシャンなどの丁寧な説明を受け、納得した上で受けるべきといえます。カウンセリングを受けられることが痩身エステのメリットです。


さらに都市部であれば、エステサロンはいろいろなところにありますので、自宅の近くや職場の近くで気になったエステサロンに通うことができます。オシャレなサロンに通うことは自分へのご褒美となるでしょう。時間としてはアフターケア等を含めても1回あたり20分、30分なので、忙しいスケジュールの合間にでも気軽に行くことができます。


痩身エステのカッピングのデメリットは?



痩身エステでカッピングを受ける場合、大きなデメリットとして多くの人が思い浮かべるのが「費用の高さ」かもしれません。確かに効果的にカッピングを受けるためには週に2、3回カッピングを受けた方が良いと言われていますが、1回あたりの施術料金が平均3,000から5,000円なので、週にかかるのは1万円ほどです。毎月通ったとしても、半年で24万円必要です。この価格を高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、実際には数多くあるエステメニューの中では比較的安価な部類に入るでしょう。


また、希望に応じてプランを選ぶことができるので、週1回通うことにすれば、月1万円から2万円ほどで継続することができます。カッピングは即効性のある施術ではありませんが、一度改善された体質はちょっとした心がけで維持することができるので、その後もその効果は続くでしょう。


また、デメリットとしては背中やお腹に残るであろう「跡」が挙げられます。通常であれば、2、3日もすれば目立たなくなるのですが、お肌の状況などによって、10日以上も跡が残ることがあります。温泉旅行や海に行く予定があるならばその時期を避け、タイミングを見計らってから施術をした方が良いでしょう。


しかし、この点についてもエステサロンでの施術ならばカウンセリングによって跡の残らないカッピングの方法を提案してもらえる可能性がありますし、リンパマッサージなどアフターケアを適切に行うことによって跡の残るリスクを軽減することができます。


まとめ



食生活や運動習慣によっても、体質改善・ダイエット効果やアンチエイジング効果は期待できるでしょう。しかし、好きな食べ物を我慢したり、つらい運動を乗り越えたりしなければならず、三日坊主に終わってしまうこともあるかもしれません。


痩身エステならば週に数十分から1時間ほどベッドに寝ているだけで、ここに述べたような効果を期待できます。費用もそれほど効果でないため、多くの女性から注目を集めているのでしょう。


自宅で行うと必要な器具を購入し、ツボの位置を覚えなければなりませんが、エステサロンであればプロによる効果的な施術を受けることができます。カッピングに興味を持ったならば、近くのエステサロンを検索してみてはいかがでしょうか。中には、ワンコインで受けられるところもあります。


関連ページ

オールハンドの痩身エステのメリット・デメリットは?種類は?
痩身エステは未成年でも通える?保護者の同意が必要?
痩身エステ後の揉み返しの原因・症状・対処方法は?
骨盤矯正エステの施術内容は?ダイエット効果あるの?






人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ