痩身エステQ&A

痩身エステは未成年でも通える?保護者の同意が必要?


マッサージやアロマなどの手法で、気持ちよく簡単にダイエットができる痩身エステは女性を中心に大人気です。プロポーションが気になる女性なら、興味を引かれたことがあるのではないでしょうか。


痩身エステに行くと、未成年にも思える若い女の子を見かけることがあります。未成年でもエステに通うのは違反ではないのでしょうか。違反でないのなら、通うための条件はあるのでしょうか。


ここでは未成年と痩身エステについてまとめてみました。


未成年でも痩身エステで施術を受けられる?



未成年が痩身エステに通っていると不安になるのは、彼女たちの成長への影響です。中高生はまだ成長期の途中であり、体の内側も外側も未発達であるケースが多く見られます。そんな未成年に対して、ダイエット効果のある施術を行うのは成長の妨げにならないのでしょうか。


また、痩身エステでは最新の機器を使って施術を行っているところもあり、やはり体へのダメージは気になってしまいます。体の基礎ができた成人ならともかく、未成年が痩身エステを受けるリスクはないのでしょうか。


結論から言えば、未成年が痩身エステに通うことは条件付で可能です。10代のお客さんは痩身エステからすると大事なターゲット層なので、積極的にPRをしているエステも珍しくありません。


10代とは多感な時期で、自分の容姿に自信を失ったり、些細な体の変化が気になったりする時期です。10代が美容にかける繊細な思いは、成人女性の感じる思いと比べても切実だといえます。そんな未成年の悩みを克服できる痩身エステは、気持ちの拠りどころとしても機能しています。


ファッション雑誌など未成年をターゲットにしたメディアでも痩身エステの広告は頻繁に登場し、そこからエステの存在を知る少女たちもいます。無理な食事制限で不健康なダイエットを志すよりも、痩身エステでリラックスしながら安全なダイエットを施してもらう方が健全だとも思えます。痩身エステは未成年の美容法として、定着化しつつあるのです。


保護者の同意が必要?



痩身エステに未成年が通うための条件は、保護者の同意を得ることです。エステでは同意書が手に入るので、そこに保護者からサインをもらうことが必須です。たとえ同意書なしでエステに通っても、年齢はほとんど必ずばれてしまいますので、保護者の説得は避けて通れない道でしょう。


保護者の同意が必要な理由はいくつかあります。まずは民法上の理由です。民放第五条により、未成年には正当な判断力が十分ではないと定められています。そのため、エステに限らず多くのショッピングやサービスの利用には保護者の同意が求められます。店舗側としても、トラブルを招きたくないので保護者の同意なしにサービスを施すことはまずないでしょう。


次に、金銭面の保証です。一般的に、未成年や学生は保護者よりも収入が少ない存在です。そのため、エステ側からすると、保護者の同意があったほうが支払いのリスクを払拭できるのです。


また、健康面の問題もあります。痩身エステで行われている施術は、根拠にも基づいた安全なものですが、体質などによっては問題を生じる可能性もゼロではありません。まして、成長過程のお客さん相手では可能性が高まります。保護者の同意があれば「このお客さんは未成年だけど保護者が許してくれるなら健康だろう」と安心して施術できます。


お客さんもエステも安心するためには、保護者の同意は重要なプロセスなのです。ただし、エステサロンによっては未成年を完全に断っている場合もあるので、確認しましょう。


未成年が痩身エステをするメリットは?



未成年が痩身エステを受ける必然性は、成人と比べると少ないと言えます。新陳代謝、内情の状態、細胞のターンオーバーなど、一般的に未成年は成人よりも体の機能が活性化しており、肥満やむくみなどの問題にも自分で対処できる潜在能力を持っています。無理な方法でダイエットをしなくても、理想の姿に近づくことは十分に可能でしょう。


それでも、痩身エステに通うメリットとしては精神的な満足感が大きいのです。広告で見るモデルや女優が通っているエステに自分も足を踏み入れたことで、有名人に近付けたような気がします。また、エステの特別感も未成年からすれば新鮮なものであり、自分が一人前の女性として扱ってもらえることをうれしく感じるでしょう。


不安を解消できるのも、メリットのひとつです。中学生や高校生は大人からすれば些細なことで悩みがちです。年齢を経れば、少々の肌荒れやむくみで取り乱すことはないでしょうが、特に思春期の女子からすれば深刻な問題として抱え込んでしまうこともありえます。それで毎日を暗い気持ちで過ごすよりは、エステで不安を消し去ったほうが健康的に暮らせます。


保護者からしても、食事制限やハードな運動で娘が無理をしている姿を見るくらいなら、痩身エステに通ってくれたほうが健康面で安心するということもあるようです。大人は大人の事情があって痩身エステに通っているように、未成年も特有の事情があって痩身エステに救いを見出しているのです。


未成年が痩身エステをするデメリットは?



未成年が痩身エステに通うデメリットとしては、金銭面のトラブルが起きてしまう可能性です。特に、親からお金を出してもらっているときに起こりがちなのが、ついオプションを追加しすぎて料金が膨れ上がってしまうケースです。


自分で稼いだお金で通っているならともかく、人に出してもらっているお金ではありがたみを感じにくく、無駄遣いに走ってしまうこともありえるのです。親にお金を出してもらうなら、最初に話し合いをして料金をはっきりと決めておきましょう。また、自分でアルバイトなどをして稼いだお金なら気兼ねなく使うことも可能です。


エステに通うことで、コンプレックスが拡大してしまうというデメリットも考えられます。未成年が痩身エステに通うとき、憧れの芸能人がいることもあるでしょう。「あのモデルのようなスタイルになれる」と思って痩身エステに通ううち、しかし、いつまで経っても近付けないことが分かって落ち込んでしまうのです。


ただし、これは本人に魅力がないからではなく、自分に無いものを求めているから起こるコンプレックスです。身長や足を10センチ長くするという目標は現実的に困難ですが、くびれを作ったり姿勢をよくしたりすることは十分に可能です。


人は生まれ持っている長所があるので、痩身エステはそんな潜在的な美を引き出すための場所だと捉えてみてはどうでしょうか。自分らしい美しさを追い求めたとき、痩身エステの効果も大きくなるでしょう。


まとめ


未成年が痩身エステに興味を示すのは、世間に美容を煽る広告が蔓延しているのも理由のひとつです。特に、インターネットやSNSを長時間見ていることが多い10代は、そうした広告を目にしやすい立場にあり、普通に過ごしているだけでも痩身エステの興味をかきたてられてしまいます。


また、雑誌やテレビに美しい芸能人ばかり映っているのを眺めているうちに「それに比べて自分は」とコンプレックスを抱いてしまうことも多いのです。これらの悩みは、大人からすると些細なことかもしれませんが、未成年からすれば思い悩むほどに深刻でしょう。


そして、痩身エステという方法で悩める日々から抜け出せるのであれば、真剣に考えてみる価値はありそうです。痩身エステには保護者の同意や金銭面など考慮すべきハードルはいくつかありますが、それさえしっかりとクリアしておけば、安心して自分を磨くことができるでしょう。


関連ページ

オールハンドの痩身エステのメリット・デメリットは?種類は?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ