キャビテーションエステQ&A

キャビテーションエステに副作用はある?デメリットは?


キャビテーションについて調べていると「切らない脂肪吸引」のような表現が使われていることもあって、まるで夢のようなダイエット方法に思えてきますよね。


いいことばかりかかれていると嘘のように思えてくるものです。どんなものにも、デメリット的な側面があると考えておいたほうが、後になって後悔することも少ないかと。


そこで、このページでは、キャビテーションエステのデメリットは何? 副作用はあるの? という立ち位置で見ていきたいと思います。


キャビテーションエステのデメリット


◯効果を実感するのに時間がかかる
施術のときに、脂肪細胞膜を破壊しても、排出は体内の自然な代謝に任せるため、効果を実感するのに時間がかかります。効果には個人差もあります。


◯費用がそこそこかかる
キャビテーションエステ1回の費用は、他の痩身方法なんかと比べて安いんですが、効果を実感するためには複数回のキャビテーションが必要となってくるので、合計するとそこそこの金額になります。


◯肌がたるむ場合がある
もともとのぜい肉が多いと、たくさんの脂肪がなくなった時、肌がたるんでしまう場合があります。痩せたからたるむ。ある種嬉しいデメリットでもありますが...


ボディクリームでハリをもたせたるなど、たるみ対策が必要になります。


以上、あえてデメリットを探すという視点で見てきましたが、いかがでしたでしょうか? キャビテーションと他の痩身方法で迷っている方などは参考になる内容だったのではないでしょうか。


次に、副作用はないのか? という話をしていきます。


キャビテーションエステの副作用


キャビテーションエステは、メスや薬を使いません。そのため、脂肪吸引などの痩身方法に比べて、副作用や後遺症の心配はほぼないと言われています。あえて言うなら、


◯超音波が骨に当たって金属音が響き、術後も耳に残る場合がある。


◯胃の不調や一時的な下痢の症状が出ることもある。
キャビテーションの施術前後1時間は、食事を控えた方が良いといわれています。


キャビテーションにより細胞から出た脂肪は、一度肝臓に集められ分解・排出されます。そのため、施術後は肝臓に負担がかかるような糖分、アルコール、タバコの摂取も控えた方がいいです。


キャビテーションをしに夕方頃にエステに行って、その帰りに「キャビテーション終わったしスッキリしたー!お酒でも飲みにいくかー!」というのは止めておいたほうが良さそう。せっかくキャビテーションしたのに効果が半減してしまうことも考えられるからです。


まあこれは痩身エステに限らずどんなダイエットにも言えることですが。「ジョギング頑張ったー!お酒飲むかー!」も一緒です。まあ、頑張った後のお酒が美味しいのですが。。


これぐらいでしょうか。キャビテーションエステによる重大な副作用やデメリットはないようです。安全性の高い痩身方法というのが大きな特徴と言えそうです。


関連ページ

キャビテーションの超音波。同じ超音波でも種類がある?!
キャビテーションエステに副作用はある?デメリットは?
キャビテーションエステは誰でも受けられる?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ