キャビテーションエステQ&A

家庭用のキャビテーション美容器もある?!「ボニックプロ」「キャビスパ」


キャビテーションといえば痩身エステでやるものと決め付けがちですが、家庭用のキャビテーション美容器を購入して自分でキャビテーションをやるという選択肢もあります。


エステサロンに通う時間がない・近くにキャビテーションのできるサロンがない・・など、何らかの理由でサロンに行けないという方は、家庭用のものをチェックしてみるのもよいでしょう。


このページでは、自宅用のキャビテーションとして人気の「ボニックプロ」と「キャビスパ」の2種類についてみていくことにします。まずは「ボニックプロ」から。


ボニックプロ


エステティシャン監修の人気agehaモデルの吉川ちえちゃん・ちかちゃん愛用中シェイプマシーン。1台でエステで人気のある「キャビテーション」「RF」「EMS」の3つの役目を果たしてくれます。


おなか・二の腕・おしり・太もも・ふくらはぎなどのお肉が気になる方にオススメです。



>>「ボニックプロ」公式サイトはこちら




エステや自宅用の機器で今までにEMSを体験したことがある方は多いと思いますが、「あのEMS独特の痛みが苦手で続かなかった・・・」という方もいらっしゃいます。


ボニックプロなら3つのレベルからあなたにとって心地よいレベルを選択できます。また周波数が自動で変わっていくのでEMS独特の痛みの感じ方も軽くて済みます。


まずは、気になる部分にジェルを塗って、キャビテーションとRFの「HOTモード」で肌を温め、次に、キャビテーションとEMSの「SHAPEモード」を行います。コードレスで女性の手でも持ちやすい設計になっており、防水なので使った後も水で洗うことができます。


最初に塗るジェルは「ボニックジェルプレミアムリフト」といいます。ココナッツオイル・アルガンオイル・コラーゲン・ヒアルロン酸・シアバターなどが保湿に役立ちます。


肌の引き締めを助けるカフェイン・スベルトニール・グラウシンなども配合。ジャスミン・洋梨・すずらんの香りがただようので、リラックスしながらキャビテーションを楽しめます。


値段は?


お得な定期コース(3回以上)なら初回本体価格3,980円。何を定期的に購入するのか?というと「ボニック プレミアムリフトジェル」というジェルです。



>>「ボニックプロ」公式サイトはこちら




もう1つ、人気の家庭用キャビテーションマシンに「キャビスパ」という機種があります。


キャビスパ


キャビテーションだけではなく、EMS、RFラジオ波もついています。



>>「キャビスパ 」公式サイトはこちら




●キャビテーション
レベルは調整できませんが、330kHzの超音波で振動させます。


●EMS
電気刺激を直接筋肉に伝え、トレーニング効果をえるというもの。これはレベルの調整ができます。心地よいくらいがちょうどいいようです。


●RFラジオ波
独自技術のサークルRFテクノロジー。RF深層温熱美容で、肌深部 (角質層) まで、広く、深く、じんわりあたたまります。


「RFボーテ キャビスパRFコア」


ボディモードの他、フェイスモードも搭載され、顔のトリートメントもできるように。


フェイスモードではEMSとラジオ波のみでケアできます。


さらに、「RFボーテ キャビスパRFコア EX」では、EMSが「ダブル波EMS」になり、「バストモード」が搭載されています。


●ダブル波EMS
周波数の違う、低周波と中周波をミックスした「ダブル波EMS」になっています。表面の筋肉はもちろん、インナーマッスルまで刺激ができます。


●バストモード
ラジオ波とダブル波EMSのタッグ。効率よくバストまわりの筋肉をトレーニングすることができます。


お風呂でも使える?!


このキャビテーション美容器が便利なポイントというのが「防水」という点です。お風呂でもばっちり使えます。毎日忙しく、ゆっくりできるのはお風呂の中だけ・・・という女性でも、入浴中にリラックスしながらキャビテーション。時間を有効に使えるのも◎。


お風呂で温まりながらトリートメントすることによって効率もアップします。痩身エステのキャビテーションコースでも、キャビテーション施術自体の前後に体を温めるのに関係した施術があることからも、効率アップするために温めることが大事なことが分かります。


値段は?


問題は、値段ですが、「キャビスパRFコア」が34,000円 。「キャビスパRFコア EX」が39,800円ほど。


エステに数回行く費用で買えてしまいますね。じゃあこちらの方がお得な気がします。が、プロに行ってもらう方が安心感は高いとは思います。


※口コミをみてみると好評価も多い商品です。



>>「キャビスパ 」公式サイトはこちら




まとめ


初期費用を少なく家庭用キャビテーションを使ってみたい方には、初回本体価格3,980円で購入できる「ボニックプロ」のほうがオススメ。


初期費用はかかっちゃうけど、フェイスモードやバストモードも楽しみたい!という方には、「キャビスパ 」がオススメです。


あなたの希望に合うほうの家庭用キャビテーションを選ぶようにすると良いかと思います。




関連ページ

キャビテーションエステは、どれくらい痩せられる?実例・口コミ
キャビテーションの超音波。同じ超音波でも種類がある?!
キャビテーションエステの値段・料金はいくらぐらい?
キャビテーションエステは誰でも受けられる?
キャビテーション痩身はクリニックとサロンで違いがある?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ