ダイエットについての調査結果

理想のボディを目指して!一番痩せたいのは体のどの部分?


理想の美しいボディを目指して、そして健康的な肉体を手に入れるため、運動やダイエットに励んでいる方は多いのではないでしょうか。


ただし人はそれぞれ体型や体質が異なるので、痩せて細くしたい体の部分にも違いがあることでしょう。キャビテーションの施術を受けるとしても、痩せたい部分を優先的にやっていきたい、という方も多いことでしょう。


そこで今回のアンケートでは「痩せたいのは体のどの部分ですか?」というテーマで意見を集めました。



===============================
【質問】
一番痩せたいと思う体の部分はどこですか?


【回答数】
おなか:51
太もも:38
おしり:10
二の腕:10
顔:8
その他の部分:6
痩せたい部分はない:4
===============================


オシャレに服を着こなすにはおなか周りが重要?



アンケートの結果、痩せたい部分は「おなか」だと答える意見が1番多く集まりました。


・くびれがあると綺麗に見えるし、服を着る時にいろんな服を試せるから。(10代/女性/学生)

・ウエストが太いせいで着られない服やズボンがけっこうあるので、お腹周りを何とかしたいと思っている。(20代/女性/無職)

・もちろん、ほかの部分も痩せたいけれど、服を着るとき一番気になるのがお腹周りです。スカートやパンツのサイズが上がるとがっかりします。また、薄着でぽっこりお腹のシルエットが出てしまうと着こなせないし、悲しいです!(40代/女性/専業主婦)


おなか周りがほっそりすることで綺麗なシルエットが得られ、着用できる衣服の選択肢も増えるという指摘が見られます。


くびれがあるかないかで見た目の印象が変わりますし、ズボンやスカートを選ぶ際にはウエストサイズが大きく影響するため、オシャレな服を楽しみたい場合はおなか周りのダイエットが、他の部分に比べて優先度が高いのかもしれませんね。オシャレ好きの方からの意見であることがうかがえます。


参考:どれだけ腹筋をしても、お腹の脂肪はとれない?


太ももは太くなりやすくて痩せにくい?



続いて2番目に票を集めたのは、痩せたい部分として「太もも」を挙げる意見でした。


・太ももが太いとズボンが履けないし、スカートもかわいく着こなせないので。(20代/女性/正社員)

・痩せようと思って、痩せられるとはなかなか簡単にいかない所だからです。(20代/女性/個人事業主)

・今までどんな方法を使っても太ももが納得いくまで細くなったことがありません(40代/女性/専業主婦)


太ももの状態はズボンやスカートを穿く上で影響が大きいものの、細くするのが難しいということが回答から読み取れますね。


下半身は体重を支えるため日常的に負荷がかかる部分ですから、筋肉がついて痩せにくい場合があるのではないでしょうか。


そして痩せるために太ももの筋肉量を落とすと、今度は基礎代謝が低下して脂肪がつきやすくなるという悪循環に陥り、なかなか痩せられないのかもしれません。


参考:太もも・内もも・ふくらはぎ・足痩せに効果的な方法は?


バランスの崩れやすい部分や露出する部分が気になる!



そして痩せたい部分として得票数が3番目に多かったのは、同数で「おしり」と「二の腕」でした。


・体は全体的に細いほうなのですが、おしりだけ大きくバランスがとれていないと感じるからです。(30代/女性/専業主婦)

・下半身太りで、おしりが異様に大きくて太っていて履くものに困るから。(30代/女性/個人事業主)

・暑くなるとノースリーブを着るなど露出する部分なので、露出をしない冬のうちに痩せておきたいです。(30代/女性/専業主婦)

・夏になると、半袖など着にくくなるから。揺れててみっともない。と思うからです。(20代/女性/無職)


おしりだけが大きくてバランスが悪いという悩みを抱えている方がいるようです。おしりは加齢の影響を受けやすいと言われていますし、女性の場合は出産を経験することでおしりが大きくなるケースもあるのでしょうね。


参考:美尻になるために!ヒップ、おしり痩せのいろいろな方法


一方で二の腕は、夏場に半袖やノースリーブなどを着る時に気になるという意見が見られました。生地で隠れる部分なら色合いやデザインである程度ごまかせるものの、露出する部分は脂肪のつき具合やたるみなどがもろにわかってしまうので、痩せておきたいと考えるのでしょうか。


参考:ぷにぷにの二の腕を痩せさせるにはどんな方法がある?


人の目につきやすい部分だから痩せておきたい!



次いで4番目に多かったのは「顔」に寄せられた意見でした。


・全体を見たときに、太ってるかどうかは顔ですね。体は洋服でごまかせますが顔は二重あごやほほのパンパンしたお肉はごまかしようがないです。(50代/女性/専業主婦)

・身体のスタイルもさておき、まずは顔の印象が一番大切だと思うから。(60代/女性/専業主婦)

・もともと顔周りに肉がつきやすいだけでなく、一番人目に付くポイントだと思うから。(20代/女性/専業主婦)


顔は服でごまかすことができず、目につきやすい部分のため痩せておきたいという意見が見受けられます。


ヘアスタイルや小顔メイクなどで多少は補正できる可能性もありますが、やはり露出していて人の目が集まりやすいので、ダイエットの優先順位が高いということなのでしょうね。


参考:キャビテーションは顔には使用不可?小顔のための顔やせ対策


自分好みの服を着るために痩せたいと考える人が多い?


痩せたい体の部分として「おなか」や「太もも」や「おしり」を挙げる方が多く見られました。どれもズボンやスカートを穿く際に影響が大きい部分ですね。


もしかしたら見た目の印象より、SMLといった服のサイズやウエスト何センチという数字で自分の体型を知ることのほうが、心理的にショックが大きいのでしょうか。


また「二の腕」や「顔」など、露出しやすくてごまかしも効きづらい部分が気になるという方もいるようです。あまりタイトな服を着るのを好まない方は、露出しやすい部分を優先的にダイエットしたいと考えるのかもしれません。


顔にはキャビテーションはできませんが、その他の部分であればできます。部分痩せの効果も狙えるキャビテーションで、一番気になる部分をスリムに。バランスのとれた理想的なボディラインを目指してみてはどうでしょう。


----------------------
■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性
■調査期間:2017年02月17日〜2017年03月03日
■有効回答数:100サンプル
----------------------


関連ページ

あなたが食べ過ぎを後悔する瞬間は?調査結果1位はやっぱりアレ
ダイエット成功の近道!ダイエットに良いと思う食べ物は?






人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ