ダイエット豆知識

内臓脂肪を減らす方法とは?運動で減らすのがいいの?

お腹回りが目立つようになったり、健康診断で指摘を受けたりすることなどにより、通称「メタボ」と呼ばれるメタボリックシンドロームであることが発覚し、悩む人は少なくありません。メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれるように、内臓脂肪の蓄積が原因の1つとなって生じる症状です。


そこで健康な生活を目指すために、さまざまな病気を引き起こす可能性のある内臓脂肪についての知っておくべき基本的な知識と減らすための方法についてご紹介します。


そもそも内臓脂肪とは?



肥満には皮下脂肪が原因となる肥満と内臓脂肪が原因となる肥満の2種類があります。皮下脂肪が腰周りや太もも、お尻などの下半身に溜まりやすい脂肪であるのに対して、内臓脂肪はその名の通り内臓の周囲に溜まる脂肪のことを言います。


また、脂肪が付いた後の体形から皮下脂肪による肥満を「洋なし型肥満」と呼ぶのに対して、腹部が膨れて見える内臓脂肪による肥満を「リンゴ型肥満」と呼んでいます。


(参考:皮下脂肪と内臓脂肪!より多く落としたいのはどちら?


肥満という言葉からマイナスなイメージばかりがもたれやすくなっていますが、骨盤の上に位置し、腹筋の内側の腹腔内にある内臓脂肪は、すべてが不要な存在であるというわけではありません。内臓の周囲に付いていることで外部からの衝撃を和らげるクッションの役割を果たしたり、内臓の位置を安定させるための働きをしたりしているのです。


内臓脂肪の量は、テストステロンの量に大きなかかわりを持っていると言われています。テストステロンとは男性ホルモンの一種です。コレステロールが原料とされ、性機能を正常に保ったり、精神を安定させたりする働きを持っています。


男性ホルモンの1つとして含まれていますが、もともと男性ホルモンは男性だけではなく、女性にも分泌されるホルモンで、テストステロンも通常すべての人間が持っているホルモンです。ただし、一般的には男性の方が女性より圧倒的に多く分泌されているものです。このため、男性の方が女性に比べると内臓脂肪が付きやすい体であると言われています。


また、内臓脂肪は男性ホルモンが減ることにより増加する脂肪です。年齢を重ねるにつれて一般的にはホルモンの分泌量は減っていきます。このため、年齢の高い人ほど内臓脂肪が多い傾向があるのです。


内臓脂肪は減らすべき?



内臓を守る役割を持っている内臓脂肪ですが、過剰に増えることにより体にさまざまな悪い影響を与えます。内臓脂肪の特徴の1つに、代謝が活発なことが挙げられ、それによって脂肪が付きやすく落ちやすいという性質が挙げられます。


この特徴により、脂肪が内臓の周囲から落ちると同時に、遊離脂肪酸として血液中に溶けてしまうという状況が引き起こされてしまいます。そして血液中に脂肪が過剰に溶けることで高脂血症となったり、糖尿病や高血圧症、動脈硬化などの脂質異常の原因となってしまったりもするのです。


さらに、動脈硬化は血圧の上昇とも大きな関係を持っています。動脈硬化とは、血液がドロドロとなってしまったり、物質が沈着してしまったりすることで血の流れが滞ってしまう症状を言います。全身に栄養や酸素を運ぶ役割を持つ動脈に、さまざまな物質が混じってしまうことが原因です。


一方、高血圧は血圧が高い状態が続くことで圧力に耐えるために血管の壁が厚くなり、脂質が溜まってしまうことで、血液の通り道を狭めて、さらに血圧の上昇を促してしまう症状を言います。血流を滞らせる動脈硬化と高血圧は悪循環を引き起こす切り離せない関係の1つとなっているため、注意が必要な症状なのです。


このように内臓脂肪は生活習慣病を引き起こす原因となるほか、放置しておくと心筋梗塞や脳卒中といった深刻な病気を引き起こすこともあります。さらに、遊離脂肪酸をそのままにしておくことで元の皮下脂肪に戻ってしまうこともあります。内臓脂肪を過剰に増やしたり、増えすぎた内臓脂肪を放置したりすることは、さまざまな高いリスクを持つことにつながってしまうため、対策を取ることが健康な体を考える上で大切なこととなるのです。


内臓脂肪は運動で減らせる?



内臓脂肪の特徴の1つに脂肪が落ちやすいという性質があります。このため、正しい方法を上手に実践すれば内臓脂肪を落とすことは十分に可能となっているのです。


内臓脂肪は運動をすることで減らすことが可能です。特に有酸素運動は効果が高いと言われています。有酸素運動とは酸素を体内に取り入れることにより脂肪を燃焼させる運動です。ジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳、エアロビクスなどのように長時間続けて行う運動が有酸素運動にあたります。


運動をする際のエネルギー源として、まずは筋肉に貯蔵されているグリコーゲンや血液の中にある糖質などが使用されますが、その後に血中の脂肪が使用されていきます。体には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類の脂肪がありますが、内臓脂肪には代謝が良いという性質があるため、皮下脂肪より優先的に内臓脂肪が使用されるようになっているのです。


内臓脂肪を落とすことに期待が持てる有酸素運動ですが、正しい方法で行わないと効果が表れにくくなっています。効果的に行うために大切なポイントの1つが時間です。長時間行うことにより効果が高まる運動であるため、1回につき、最低でも30分から1時間は行うようにしましょう。


また、気が向いたときに行うということでは高い燃焼効果が期待できません。毎日継続的に行うことで、より効率的に内臓脂肪を減らすことが可能となるのです。日々の生活の中に取り入れやすい運動方法を選び、長期的に続けて取り組むと良いでしょう。


(参考:皮下脂肪は落ちにくい?運動で落とすのは効果的なの?


その他、内臓脂肪を減らす方法は?



内臓脂肪を減らすために効果的な方法は、運動を継続して行うこととともに食事の管理を正しく行うことも重要なポイントとなります。健康な体を作るための基本としてバランスの良い栄養摂取を守ることは第一の条件となりますが、さらに、効率的に内臓脂肪を減らすために効果的な食材を知っておくことも大切です。


食物繊維を多く含む食材は脂肪が多く含まれた食材と一緒に食べると不要な脂肪を体外へ排出する手助けをしてくれます。たとえば、キャベツはその一例として挙げることができますが、食物繊維を多く含むだけではなく、低カロリーであることも内臓脂肪対策に効果的な食べものとなっています。


また、内臓の中でも特に肝臓の周りにたまった脂肪を分解して排出してくれる成分にイシトールがあります。イシトールはオレンジに含まれていると言われ、内臓脂肪にも効果が期待できる食べ物です。


脂肪を燃焼し、内臓脂肪が原因で発症しやすいといわれる病気の対策としても良いと言われている食材がトマトです。トマトにはリコピンが含まれていますが、リコピンには脂肪を燃焼する働きがあると考えられています。さらに糖質の吸収を抑制したり、脂肪がたまるのを防いだり、血糖値を下げるといった効果もあると言われているため、さまざまな病気対策にも期待が持てるのです。


食事の内容だけではなく、食事をとるタイミングもポイントとなります。内臓脂肪は空腹となっているときがエネルギーとして使用されるタイミングです。このため、こまめに食べ物を摂取することはせずに、空腹の状態になってから食事を行うことが内臓脂肪を減らすポイントの1つとなるのです。


まとめ



内臓脂肪は放置しておいたり、十分な対策を行わなかったりすることで、さまざまな病気へのリスクを高めることにつながってしまいます。また、大きな病気が発症しなかった場合でもリンゴ型脂肪と呼ばれる脂肪が付着していくことで、年齢の重なりに合わせてプロポーションにも大きな衰えが表れます。


健康で美しい体を維持するためには、有酸素運動により定期的に体を動かすことや、内臓脂肪を燃焼したり排出したりすることを促すための栄養摂取を含めたバランスの良い食事を行うことが大切なポイントです。体に効果を出すためには、運動でも食事でも毎日の努力を積み重ねることが重要となります。


しかし、仕事や家事などで忙しい毎日を送っている人の場合には、これらを毎日欠かさずに行うということが難しく感じる人もいるかもしれません。そのような際には脂肪を溶かし、体外への排出を促す痩身エステなどを上手に活用しながら効率的に内臓脂肪対策を行うことも手段の1つです。


大きなトラブルが生じる前に早めに内臓脂肪対策に取り組み、自分の体を大切にケアしてあげましょう。


関連ページ

皮下脂肪は落ちにくい?運動で落とすのは効果的なの?
足つぼで痩せる?ダイエット効果・むくみ解消効果があるの?
お腹をへこませるダイエット方法とは?ドローインの効果は?
スクワットにダイエット効果はあるの?痩せるための適切な回数は?
ワンダーコアで腹筋を鍛える!ダイエット効果も期待できるの?






人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ