ダイエット豆知識

難消化性デキストリンの効果とは?痩せる?痩せない?


最近よく耳にするようになった難消化性デキストリンとはいったいどのようなものなのでしょうか。言葉からはどんなものかイメージしにくいため、よく分からずに摂取しているという人も多いのではないでしょうか。


難消化性デキストリンはトクホにも認定され、ダイエット効果以外にも体にさまざまな健康効果をもたらしてくれるといわれています。


ここでは難消化性デキストリンの基本とその効果、さらにはこれを利用した難消化性デキストリンダイエットというものを紹介します。


そもそも難消化性デキストリンとは?



難消化性デキストリンとは、とうもろこしやジャガイモなどに含まれるデンプンの一種です。名前を聞くとどこか薬品的なものをイメージしてしまいがちですが、自然の植物から取れる成分であることが分かります。難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維で、その名の通り消化されにくい食物繊維です。


難消化性デキストリンの効果としてもっとも有名なのが、糖の吸収を抑える働きです。食前や食事と共にこの成分を摂取しておくことで、小腸から吸収される糖を抑える働きがあることが証明されています。糖の吸収を穏やかにしてくれるという作用はダイエットにはもちろん、糖尿病などの生活習慣病予防にも非常に効果的です。


また、脂肪の吸収を抑える働きもあります。肥満の原因となる中性脂肪の上昇を抑えてくれるため、ダイエットに最適な成分といわれているのです。


そもそも難消化性デキストリンは欧米化が進む日本人の食生活のなかで不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。胃や腸で消化されにくい食物繊維であるため、腸の中にたまった老廃物をまとめて外に出してくれる効果が極めて高いとされています。このため、整腸作用があり、便秘解消や下痢の改善にも高い効果を発揮します。


ミネラルの吸収を阻害しないこの食物繊維は、健康な体つくりにもいい影響があるとして消費者庁により特定保健用食品として認定されました。ここで見ただけでも、整腸作用や糖の吸収抑制、脂肪の吸収抑制など幅広い効果があることからさまざまな健康食品に利用されている成分です。


難消化性デキストリンのダイエット効果とは?



難消化性デキストリンにはさまざまな効果が期待されていますが、何といっても注目すべきなのはそのダイエット効果です。代表的な効果である糖の吸収を抑制してくれる作用は、ダイエットに対して直接いい効果をもたらしてくれます。


人間の体は食事を摂った直後には急激な血糖値の上昇が見られます。血糖値が上昇すると血液中の糖の濃度を一定に保つ役割を持つインスリンが活発に分泌されるようになります。インスリンは血糖値を一定に保つ働き以外にも、体に脂肪をため込む性質があるため、インスリンは太る原因になるといわれているのです。


難消化性デキストリンは麦芽糖の分解を抑制し、そんなインスリンの分泌を抑制する働きがあります。このため、今までと同じカロリー、同じ量の食事をしていたとしても、難消化性デキストリンを一緒に取ることで太りにくくなるといわれています。


これと同時に脂肪の吸収を抑えてくれるため、脂っこいものや脂肪の多い食事をしたときでも体内に脂肪を蓄えることなく排泄してくれます。脂肪を抑えるというのは中性脂肪だけではなく、内臓脂肪も同様です。臨床実験では、肥満気味の男性に難消化性デキストリンを摂取させたところ、内臓脂肪に明らかな低減が見られました。


皮下脂肪などは目に見えやすいため、普通にダイエットをしていても意識的に落とそうとしますが、内臓脂肪は目に見えないため意識が向きにくくなりがちです。内臓脂肪がついたまま長年放置してしまうと、生活習慣病や隠れ肥満のリスクがあります。難消化性デキストリンはこのような目には見えない脂肪を低減させる効果も期待できるのです。


摂取量の目安は?効果的な摂取方法は?



難消化性デキストリンのダイエット効果を最大限に発揮させるためには効果的な摂取方法を押さえておく必要があります。難消化性デキストリンがトクホに認定されてから、さまざまな会社がこぞって難消化性デキストリンを利用した商品を販売しています。このため、市販されているものでも難消化性デキストリンを摂取することはできます。


例えば、大手飲料メーカーなどから販売されているお茶やウーロン茶などでトクホのマークが付けられているものには難消化性デキストリンが配合されているものが多いです。難消化性デキストリンは水溶性であり、さまざまなものに応用できるように加工されているため、お茶だけでなくコーラをはじめとするジュースなどにも幅広く利用されています。


一時期話題になったダイエット効果を示すトクホのコーラというのも難消化性デキストリンが配合されています。このほかにも、自分で難消化性デキストリンの粉末を購入し、食べ物や飲み物と一緒に摂取するという方法もあります。


この方法だと、自炊をしたものにも気軽に難消化性デキストリンを加えることができるため、普段の食生活の中でも非常に簡単に食物繊維を摂取できるようになります。具体的にはヨーグルトやコーヒーなどに混ぜて摂取するといいでしょう。


注意したいのが摂取するタイミングです。難消化性デキストリンはあくまでも食事と一緒に摂取するようにし、食後や難消化性デキストリン単体での摂取は避けるようにしましょう。摂取するタイミングを間違えてしまうと本来の効果を十分に発揮させることができないため注意が必要です。また、摂取量に関しては天然由来のものであるため上限はなく、1日10g程度が目安とされています。


副作用はない?安全性について



難消化性デキストリンに関しては、インターネット上でもさまざまな意見があり、情報が錯綜している状態です。一部では難消化性デキストリンは危ない成分だという意見や、副作用があるという意見も見られますが、実際のところはどうなのでしょうか。


まず、すでに見てきたように難消化性デキストリンは天然に存在する植物から作られたデンプンの一種です。つまり、デンプンですから人体に悪影響があるものではないということが分かるでしょう。


それでは、なぜ安全性を疑問視する意見があるのでしょうか。これは難消化性デキストリンが示す副作用によるものが大きいとされています。難消化性デキストリンは天然由来のものではありますが、大量摂取をすると本来の効果とは違った影響を体に与えてしまうことがあります。


これは健康食品として販売されている難消化性デキストリンの粉末などにも注意書きとして書かれていることですが、難消化性デキストリンは過剰摂取をしてしまうと人によってはお腹を下す可能性があります。そのため、粉末などで摂取する場合にはあくまでも適量の摂取を心がけ、一度に大量の摂取をすることは控えましょう。


一般的に副作用や危険性があるといわれているのはこの程度であり、常識的な範囲内での摂取ではほとんど懸念する要素はないといえます。お腹を下したり緩くなったりする副作用も、人によっては起こるかもしれないという程度のものですので、そこまで気にする必要はないでしょう。


まとめ



難消化性デキストリンの効果の素晴らしさは天然由来で体に優しく、かつ、ダイエットと健康どちらにもいい影響を与えてくれるところです。粉末を毎日の食事に加えることで、味や風味を損なわずに太りにくく健康的な食事に変えてくれる難消化性デキストリンはまさに魔法のような成分です。


実際に難消化性デキストリンを摂取した人の中には、大幅な体重減少というよりは便秘の改善や下痢の改善など、整腸作用を強く実感した人が大半のようです。腸の働きをよくし、活発にさせることはダイエットのほか、美容にも大切な要素です。


難消化性デキストリンでダイエットを考えている場合には、摂取量に気を付けて長い目で見たダイエットを行うように心がけましょう。


関連ページ

ドライフルーツはダイエットに効果的?普通のフルーツとの違いは?
よく噛んで食べることがダイエットに効果があるとされるのはなぜ?
ダイエット中に嬉しい?!コンビニおでんの意外なカロリーの低さ
今日からすぐに始められる「白湯ダイエット」の方法と効果について
カプサイシンの効果と副作用|ダイエット・脂肪燃焼に効果あり?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ