ダイエット豆知識

デスクワークが仕事だと太りやすい?痩せるために出来る工夫は?


デスクワークなど、座り仕事が多い人はやはり太ってしまう可能性が高くなることはご存じだと思います。1日24時間のうち勤務時間は8時間という働き方をしている方が多いのですが、この場合、1日の消費カロリーは約300kcal程度だと言われます。一方、立って行う軽労働の場合、1日のエネルギー消費量は約1400kcalです。


デスクワークのお仕事の方は意識して体を動かすようにしないと、運動不足から太ってしまうということです。座りっぱなしはリンパの流れが悪くなります。それに加え女性はヒールのある靴やミュールなどを履きますので、血行も悪くなって、「むくみ」が現れます。


運動不足が続くと、脚の筋肉のポンプ機能が低下、血流や水分、リンパの流れも悪くなってしまい、余分な脂肪や老廃物の排出にも支障をきたしてしまいます。それはやがてセルライトになることもあります。長時間座っていると太りやすくなるだけでなく、さまざまな病気にもなりやすいと言われています。休憩時間には席を立って体を動かすようにすることが必要です。


また、以下のような工夫も積極的に取り入れてみると良いでしょう。


「姿勢」



まず、基本の座る姿勢ですが、脚は組まないのが理想。脚を組んだ姿勢を続けると下半身の血行が悪くなりむくみやすくなります。また、骨盤がゆがんで腰痛や内臓にまで悪影響がでてきます。


パソコン操作を行う人はたいてい、首が前に突き出てしまいますが、耳が肩の真上にあるよう上体を起こして、きちんと骨盤の上に上半身が乗っている状態を続ければ、血行も悪くなりにくく、むくみや冷えから回避できます。


しかし、こういった姿勢をずっと続けることは困難ですし、普段から脚を組んだり前かがみの姿勢が癖になっている方は、2、30分おきにスマホのアラームを小さく鳴らすようにセットしておくのもいいかもしれません。


また、いくら正しい姿勢をとっていても、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉が硬くなって血行不良の状態になります。座ったままでもいいので、大きく伸びをしたり、足首を回したり、首をゆっくり回したり、傾けたりするだけでもリフレッシュできます。


パソコン操作など目を酷使する仕事なら、目をギュッとつむったり、両手をこすり合わせて手のひらを暖かくして両目に当てると目の疲れが取れます。ちなみに、筋肉のコリをほぐす際、最初から叩いたり、もんだりするのはNGです。まずゆっくり筋肉を伸ばすようにしてください。


「お腹に刺激を」



忙しくて席を立つ時間が惜しい、というようなこともあるかと思います。あまり何度も席を立つとさぼっていると思われるのが心配という方もおられるでしょう。でも、本当は30分おきくらいに体を動かすことは心身共に健康いられるためには必要なんです。


デスクワークの合間にあまり目立たずできるエクササイズがありますのでご紹介します。1時間に1回ほど行うことが理想です。


1.鼻からゆっくりと息を吐きながらお腹を限界まで凹ませます。
2.お腹を凹ましたままの状態で息をしながら、15秒から30秒ほどキープ。
3.鼻からゆっくり息を吸い込んで、お腹を大きくして1、2秒キープ。
4.1から3の動きを2、3回繰り返します。


腹式呼吸で腹筋を使うのでお腹周りの脂肪燃焼にもなりますし、腸の血行がよくなって便秘解消効果も期待できます。このエクササイズは、文字にすると長ったらしく思えるかもしれませんが、時間にしたら、たった1・2分です。仕事の合間の他に、就寝前に目を閉じて行うと寝つきがいいという方も多いようです。


「足運動」



デスクワークはどうしても下半身がむくんでしまう、というのが多くの人の悩みです。出勤時に履いていた靴が、退社時にはきゅうくつになっている、というのはほとんどの方が経験しています。


一晩経てば、元に戻ってしまうのは若いうちだけ、徐々に元に戻らず靴のサイズが大きくなったり、楽な幅広タイプの靴ばかり履くようになってしまいます。足首のあたりが常にむくんでいたり、太ももにセルライトができてしまったりは、血行が悪くなっているのが大きな原因です。


仕事中でも足を動かせば、このような悩みを解消することができます。


1.イスに座ったまま膝を90度に曲げて、両足のかかとを上げ下げします。
2.さらに、足首を回します(左右)。
3.1と2を10回から20回ほど繰り返します。
4.イスに座ったまま膝をまっすぐにして10秒から30秒ほどキープ。


このエクササイズはふくらはぎの血行を良くするので、むくみ解消効果が期待できます。また、4、は太ももの筋肉を鍛えることにもなります。靴を脱ぐことが可能なら、足の指をおもいっきり広げたり、足指でグー・チョキ・パーをするともっと効果がアップします。


「通勤時の運動」



デスクワークで運動不足と感じている方は、仕事前に体を動かしておくことも太らない対策の一つです。


・電車やバスで通勤している方は、いつも降りる駅の一つ前の駅で降りて会社まで歩いたり、軽く走る。
・可能であれば、自転車で通勤する。
・会社ではエレベーターを使わず階段を使う。


これは、ダイエットをしている方や健康のために行っている方がおられると思いますが、会社の休みにスポーツをしたりトレーニングするのは時間とお金が必要ですが、通勤時なら、習慣にしてしまえば、そんなに大変なことではありません。即効性はありませんが、続けることで基礎代謝がアップして太りにくくなります。


仕事前のウォーミングアップにもなりますし、身体も頭もシャッキっとしそうですね。


まとめ


以上のように、仕事がデスクワークであっても、痩せるため・健康維持のために出来る工夫はいろいろとあります。


少しずつでもいいので、仕事中や仕事の前後に取り入れてみて、健康的にダイエットしていきましょう。


痩せて気持ちも上向きになれば、デスクワークも今までよりも効率的にできるようになり、プラスのスパイラルへ導いていけますよ。


関連ページ

ワンダーコアで腹筋を鍛える!ダイエット効果も期待できるの?
ドライフルーツはダイエットに効果的?普通のフルーツとの違いは?






人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ