ダイエット豆知識

リンゴダイエットの効果は?りんごに含まれる栄養素とは?


リンゴを食べれば医者は要らないと言われるように、リンゴは体を健康に保つためのとても優れた効果のある食材として知られています。リンゴに含まれる栄養成分は不溶性食物繊維のセルロースやペクチン、カリウム、ポリフェノールなどが豊富に含まれているのが特徴です。


中でもペクチンは腸内で消化物やコレステロールなどを包み込み、さらに腸を刺激してそれらを体外に排泄させやすくする効果があるため、便秘の解消にもとても役に立ちます。しかもペクチンやセルロースは腸内に存在する善玉菌を増やす働きがあるため腸内環境を整えることができます。


またカリウムにはナトリウムを排泄する作用があり、むくみの改善などにも効果を発揮します。さらにポリフェノールには体内の細胞を衰えさせる活性酸素の働きを抑えて、がんや生活習慣病を予防する効果があるといわれています。そしてそのほかにも肌を美しく保つ美容効果があることでもよく知られています。



不溶性食物繊維のセルロースやカリウム、ポリフェノールなどの成分が豊富で、カロリーも低く美容にも健康にも優れた効果を発揮するリンゴを使ったダイエット方法があります。


短期間食事の代わりにリンゴに置き換えるというもので、普通の食事を食べるよりも摂取するカロリーがぐんと低くなるためダイエットにも効果が期待できるというものです。リンゴを食べる個数に制限はなく、カロリーの点では全く心配がありません。


しかも豊富な不溶性食物繊維のセルロースのおかげで食事を減らしても便秘に悩む心配もなく、しかもおいしく食べられるのが魅力です。3日程度の期間を区切って行う判断食に近い方法で、終了した後には胃の機能が低下している状態のため、いきなり通常の食事量に戻すのではなく、胃腸に優しく消化のよい食べものを少量ずつとるところから始めるようにします。


リンゴはひとつでおよそ200キロカロリー弱の低カロリーのものがほとんどで、ダイエットにはとても適した食材です。


関連ページ

しょうが紅茶ダイエットの方法は?効能効果も教えてください。
よく噛んで食べることがダイエットに効果があるとされるのはなぜ?
オリーブオイルダイエットのやり方を教えて!なぜ痩せるかも教えて!
食べる順番ダイエットのやり方と痩せる理由
好きなものを食べてもOK!食べ合わせダイエットとは?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ