ダイエット豆知識

食べる順番ダイエットのやり方と痩せる理由


食べる順番にこだわるだけでも、痩せることは可能です。今まで数々のダイエットに挑戦して失敗した方は、間違った方法を実践していたかもしれません。巷には無数のダイエット法がありますが、ほとんど効果のない方法も多いのです。(もちろん全部を否定するつもりはありませんし、やり方によって、工夫に仕方によっては、ダイエットに役立つ方法も多くあります。)


これほど多くのダイエットが存在する理由は、市場にとって利益を出しやすい分野だからです。


痩せることには男女を問わず関心を持っているため、いつの時代でも利益を出せる商品の鉄板というわけです。しかし、その多くはほとんど効果がありませんし、やり方がハードで続かないものも多いです。どんなに効果的であっても、リバウンドするようでは意味がありません。



食べる順番ダイエットの魅力は、摂取カロリーを減らすことなく痩せるやり方であることです。非常にシンプルですが、人は低カロリー食材から先に食べたほうが太らないのです。昔からよく言われているのは、キャベツを先に食べると太らないという話です。


これは単なる噂ではなく、根拠が存在するのです。


キャベツには食物繊維が含まれており、最初に食べることで食べすぎを抑制してくれるのです。正確にいえば、早い段階で満腹になるので、カロリーの過剰摂取を防げるわけです。食べる順番ダイエットは、食べることを我慢せずに痩せることができるやり方なのです。


定食屋でトンカツやフライ、コロッケなどの揚げ物を頼むと、かなりの確率でキャベツがついてくるでしょう。キャベツが痩せるためによい食材であると、世間一般に認識されているのです。食べる順番として避けたいのは、先に高カロリー食材を摂ってしまうことです。


最初に揚げ物、肉類などを食べてしまうと、カロリーが急速に吸収されます。また、こうした食べ方をする人ほど、野菜をあまり食べない傾向があります。野菜不足になるとビタミンや食物繊維が不足するので、肥満体質を促してしまうのです。毎日どのような食材を摂るかにより、太りやすさにも差が出てくるのです。


実際にやってみて、どうなったか?


私たちは子供のころから「三角食べ」と言って、いろんなものを順番にまんべんなく食べていくことを教えられてきました。私の場合は保育園で三角食べを先生に教わったのを今でも記憶しているほどです。


なので、まんべんなく食べるのが癖になっている、という方も多いとは思います。「食べる順番ダイエット」はこれと全く逆なので、習慣にするまでは難しいとは思います。


私の場合は、すぐにこの方法が自分に合っていることに気づいて、今でも、野菜・スープから食べ始め、その次に、肉・魚などのメイン料理を、そして最後にご飯などの炭水化物を摂る、という癖が1年ほど前からついてしまいました。


私がこの方法を簡単に習慣にできた理由は、「野菜があまり好きではなく、魚・肉などはほどほどに好きで、何よりご飯が大好き!」だからです。つまり、好きな食べ物を最後に食べられる、という心理から簡単に実行に移すことができたというわけです。私と同じような食の好みのかたには、この「食べる順番ダイエット」は向いている、と言えるかもしれません。


関連ページ

爆発の日でダイエット停滞期脱出?方法と効果について
ダイエット中なら、そば(蕎麦)!他の麺類に比べてどこがいい?
好きなものを食べてもOK!食べ合わせダイエットとは?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ