ダイエット豆知識

ダイエット中なら、そば(蕎麦)!他の麺類に比べてどこがいい?


そばダイエットなんていうものがあるほど、そばは痩せたい方に最適な食べ物。うどん、ラーメン、パスタ、他の麺類とあまり違いがないようにもみえますが、どこがいいんでしょう。


うどんやラーメンやパスタは小麦粉からできていて、そばはそば粉からできています。うどん、ラーメン、パスタとそばは、同じ麺類とは言え、違うくくりなんですね。


そばは、小麦製品よりもGI値が低い食品。GI値が高い食品を食べると、血糖値が急激に上がり、インシュリンの分泌が活発になります。インシュリンには脂肪を作る働きがあるので、太ってしまう1つの原因になります。


うどんのGI値が、85、
パスタのGI値が、65のところ、
そばのGI値は、54です。


ちなみに、
食パンのGI値が、91で、
白米のGI値は、84で、
もちのGI値は、80です。


やはり、そばがダントツで低いですね。


そばは栄養価も高い



そばは栄養あまりなさそうだな。。。という印象を持っている方もいると思いますが、それは間違いです。各種ビタミンがたくさん含まれています。特に豊富なのは、ビタミンB群。ビタミンB1は、お米の4倍で、小麦粉の2倍。ビタミンB2もお米の4倍以上です。


ビタミンB群は、脂肪、糖質の代謝をよくしてくれるので、ダイエット効率も上がります。


ルチン


まだ理由があります。それが、ルチン。小麦粉製品にはふくまれていず、そば粉にだけ含まれている成分。ポリフェノールの一種で、毛細血管を強くする効果があるといわれています。


ビタミンCの吸収をアップさせる働きもあるので、美容効果も期待できちゃいます。


食べたくないのに、無理やりそばを食べるというのは辛いですが、ダイエット中に「うどん」か「そば」で迷ったときなんかは、そばを選ぶようにした方がいいかもしれません。


関連ページ

ダイエットに失敗するありがちな理由6つ
好きなものを食べてもOK!食べ合わせダイエットとは?
太っている方が美しいとされている国がある?!





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ