ダイエット豆知識

太っている方が美しいとされている国がある?!


あなたは、なぜキャビテーションエステしたいと─痩せたいと─思っているのでしょうか?


それは、痩せたほうがキレイに、美しく見られるからではないでしょうか? もちろん、あなた自身も、痩せてる人を見てキレイに感じるでしょう。


「。。。何当たり前のこと書いてるの? 面白くないホームページね。」


あなたは今こう思ったことでしょう。


しかし、それは、後天的に植え付けられた価値観。産まれた時からそうゆう価値の世界で育っちゃってるので、そう思っちゃってるんですね。


世界を探せば、太っている方が美しいとされている国があるのかな...と思って調べてみると、ちゃんと存在していました。それもたくさんあります。ちょっとみてみましょう。


●トンガ
小さな島の国トンガですが、島の住人、11万4千人の内、10万人は、肥満体質。太っているのが当たり前の世界です。逆に、痩せてる人の方が、肩身の狭い思いをしているんでしょう。


●クウェート
中東のクウェート。太っていることは健康と富の象徴という考え方です。女性が大きいほどその家は裕福にみられます。クウェート女性の半分以上は肥満です。


●フィジー
フィジー島の人のほとんどは肥満体質。健康に対する教育不足も原因のようです。


●ジャマイカ
女性の約65%は肥満の国。さらに体重増えることを望んでいます。


●南アフリカ
痩せていることにネガティブなイメージをもっている国です。体重が減るイコール病気と考える傾向にあります。


●アフガニスタン
体重と妊娠を強く結びつけている国。環境のため不妊が多いので、太った女性は大切にされます。


●タヒチ
炭水化物、ココナッツミルクなとをよく食べるのが原因。丸顔のぽっちゃりとした女性が、敬われます。


●モータリア
西アフリカのモーリタニアという国。ここでも、肥満の女性は美と富の象徴です。太いウエストを維持できなくて離婚する人もいるとのこと。結婚して、太っちゃって離婚なんてことは、アメリカなんかでも多そうですが、真逆ですね。


もし、これらの国に生まれていたら、ダイエットなんて考えなくてもすんだんでしょうね。キャビテーションエステのキャの字も知らなかったでしょう。


いや日本でも平安時代なんかは、太めが美人とされていました。


こんな話を聞いていると、「生まれる場所と、時代を間違えたー!」 ・・・なんて言いたいところですが、どうしようもありません。あきらめて、痩せるしかありません。


関連ページ

ダイエットに失敗するありがちな理由6つ
芸能人のちょっと変わったダイエット方法!キャビテーション経験者は?
ほんとに効果はあるの?簡単にできる面白ダイエット法紹介





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ