キャビテーションと他の痩身方法の比較

脂肪溶解注射(メソセラピー)とキャビテーションエステでは、どっちがいい?


キャビテーションエステのように、部分痩せに効果があるものに、脂肪溶解注射(メソセラピー)という方法があります。


「脂肪溶解注射」も「メソセラピー」も名前くらいは聞いたことがあるという方も多いんじゃないでしょうか?


「脂肪溶解注射」という名前からして、なんだか怖いイメージを持ってしまいますが、実際のところどういう方法なのかを見ていくことにします。


メソセラピーとは、薬剤を脂肪細胞に注入することで、脂肪細胞を破壊し、脂肪を溶かすという痩身法です。あのセルライトもダイレクトに溶かして除去してくれます。血流も活発になり代謝がよくなります。


メソセラピーで使用される薬液は、大抵の場合フォスファチジルコリンという薬。FDAで認可された薬剤。肝臓で分解され、体内に蓄積されないものなので安心です。


お腹、太もも、背中、ふくらはぎ、二の腕、顔など、部位の制限もありません。脂肪細胞そのものを破壊するので、脂肪細胞の数が減り、リバウンドの心配もありません。


注射というと、ちょっと怖いですが、メソセラピーで使用されるのは、極細の針。痛みは、最小限。施術時間も5分から10分で済みます。


脂肪溶解注射(メソセラピー)は、メリットばかりの気がしますが、デメリットもあります。デメリットについてみてみましょう。


メソセラピーのデメリット


1回に注入される薬液は少量なので、1回だけでは効果が見込めないと考えておいた方がいいでしょう。


ということは、何回も通わなければならないということ。1回の注射が、3万円前後。治療の回数が多くなるほど金額がかさんでいきます。キャビテーションエステの方が安く抑えられる可能性は高そうです。


脂肪溶解注射で人気のKM新宿クリニック・KM銀座クリニックの場合ですと、1本通常15,000円ですが、初回は5,000円でできるようです。


また、怖いのが副作用。メソセラピーは1952年にフランスで開発され、現在世界各国で行われているものなので、そこまで危険ではありませんが、副作用がゼロではありません。


薬液のフォスファチジルコリンの主成分は大豆を原料にしているため、大豆アレルギーの方はだめですし、普通の人でも、かゆみ、皮疹、気分不良といったアレルギー反応が出る場合もあります。


施術後、軽い腫れ、むくみ、内出血、筋肉痛のような痛みが出るケースもあるとのこと。それを考えると、キャビテーションエステの方が安心・安全ですね。


痩身方法のいろいろ

脂肪吸引とキャビテーションエステではどっちがいい?
ダイエットサプリとキャビテーションエステでは、どっちがいい?
脂肪冷却痩身とキャビテーションエステでは、どっちがいい?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ