キャビテーションと他の痩身方法の比較

ダイエットサプリとキャビテーションエステでは、どっちがいい?


サプリメントというと山のように販売されていますが、その中でダイエットサプリもたくさん販売されています。「ダイエットサプリ」と一言で言っても、様々なタイプがあり、ここでは大きく5つのタイプに分けてみていくことにします。それぞれの特徴を解説します。


脂肪燃焼タイプ


脂肪燃焼...よく聞きますね。L-カルニチン、カプサイシン、カテキンという栄養素が、脂肪燃焼を促します。カプサイシンは、唐辛子の辛さの主成分。カテキンは、緑茶などに含まれる渋みの成分です。


脂肪をエネルギーに変えるので、スポーツ、運動との併用が効果的です。体脂肪率をガクンとさげることもできます。


糖質カットタイプ


ダイエットというと甘いモノを控えなければなりませんが、ケーキ・果物・スイーツなど大好きの方には、かなりハードルが高いもの。無理に我慢しても反動でリバウンドをしてしまいます。


そんな甘いもの食べるのを抑えられない人に最適なのが、糖質カットのサプリです。


サプリの中に入っている、ガルシニア・ギムネマ・ファビノールという成分は、体内に入った糖分の吸収を緩和してくれるんです。甘いもの食べてもOKのダイエットなら、続きそうですね。


ただ、もともと糖質をそんなにとっていない人にとっては、効果の薄いサプリでもあります。


脂質カットタイプ


脂肪燃焼タイプのサプリと似ている感じがしますが別物です。脂肪燃焼タイプは、すでに脂肪になってしまったものに効果を発揮しますが、脂質カットタイプは、これから脂肪になるものを防いでくれます。


痩せるサプリというより、太るのを防ぐサプリという感じ。予防策みたいなものですね。


脂肪を吸収・排出する作用のキトサン、脂肪を乳化させる作用のレシチンが主成分です。


排出タイプ


たくさん食べているのに、全く太らないという人。たまにいますね。食事制限している人からしてみれば、うらやましくて仕方ありません。


どうして食べているのに太らないのかというと、どんどん排出しているからです。食べたもの出してしまえば、太りようがありません。理屈では分かりますが、そのためにはどうすればいいか?


それは、腸内環境をよくすることなんです。排出タイプのサプリは、腸内環境を良くする手助けをする乳酸菌や食物繊維などの成分が入っています。便通も良くなってすっきりです。


食欲抑制タイプ


誰でも手軽で確実に痩せる方法があります。それは、食べないという方法。食べるから太るんであって、食べなきゃ太りようがありません。


とはいうものの、それが一番むずかしい話。人間には食欲があるからです。


食欲抑制タイプのサプリには、食べ過ぎを防ぐ成分が入っています。ある程度食べると脳が満腹だと感じます。満腹だったらさらに食べようとは思わないですね。


まだ食べたいのに我慢するというのが、一番辛くてストレスになってしまいがち。このサプリなら我慢することなく摂取カロリーを減らすことができ、理想的ともいえます。




まとめ



「ダイエットサプリ」と一言で言っても、仕組み・目的自体が違ういろいろなダイエットサプリが出ています。キャビテーションエステとダイエット方法としてどっちがいいか? というのは、そもそもの目的が違うので比較するのは難しいところ。人によって効く効かない・合う合わないというのもありますし。


ただ、キャビテーションエステには、リバウンドしにくいというメリットがあります。ダイエットサプリの場合、一度痩せても、継続的に買い続けなければならなかったりします。トータルの手間やお金でみた場合、キャビテーションエステの方が良いと言えるかもしれません。


もちろん、キャビテーションとダイエットサプリの両方を組み合わせて、上手にダイエットをしていくというのもアリ。


痩身方法のいろいろ

ウォーキング・エクササイズなどの運動とキャビテーションでは、どっちがいい?
ダイエット器具とキャビテーションエステでは、どっちがいい?
脂肪吸引とキャビテーションエステではどっちがいい?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ