部位別ダイエット方法

美尻になるために!ヒップ、おしり痩せのいろいろな方法


そんなに太っているわけではないのに、おしりに無駄なお肉がつきすぎていたり、垂れてしまっていたり、と悩む女性は多いです。


ヒップのカタチが崩れてしまっているだけで、全身のバランスが悪く見えてしまって、魅力的なボディラインとは言えなくなってしまっているケースもありますね。


キャビテーションエステでヒップ、おしり痩せを目指していくのも良い方法。ではありますが、お金をかけず、地道に痩せていく方法もたくさんあります。いくつかみてみましょう。


お尻やせエクセサイズをする!


お尻やせエクセサイズにはいろいろありますが、簡単にできるものを紹介します。


まず、壁に両手をつき立ちます。両手は、肩幅程度に開きます。片足をのばして、後ろにあげていきます。太ももの付け根から上げるぐらいです。


といっても無茶をしてはいけません。出来る範囲です。1日に左右3セットから5セットくらい。足をあげるだけなので、やりやすいと思います。


歩く!



お尻のメインの筋肉は大殿筋。歩くことによって、大殿筋が鍛えられて引き締まり、ヒップアップにつながります。


ただ歩くのではなく、歩幅を変えてみる・歩くスピードを変える・お尻に力を入れるなどすると、より効果的です。


特にデスクワークの仕事をしている、車通勤、、、など、1日のうちで歩く時間がもともととても少ないという方は、意図的に歩く時間を作ることが大事です。歩く習慣を作ってしまえば、おしり痩せのため、というだけでなく、健康にも良いことですし、日々のストレス解消にも役立ってくれることでしょう。


みなさんの職業は忍者ではないでしょうから必要ない注意かもしれませんが、最低限、すり足で歩くのはやめましょう。すり足だとお尻の筋肉が鍛えられません。地面から足を離すようにに心がければ、お尻の筋肉を使います。


全身運動をする!


全身運動で体全体の脂肪を落とせば、当然お尻も小さくなっていきます。


全身運動をする際のポイントをかきます。一回の運動時間は、30分から40分。これぐらいが、脂肪燃焼に効果的だからです。運動をするペースは、週2回から3回。毎日やらなくてもいい、と思えば続けやすくなるのでは?


全身運動で一番いいのは、ジョギング。ジョギングは足だけを使っているイメージがありますが、そんなことは決してありません。全身の筋肉を使います。


姿勢をよくする!



姿勢もお尻に関係しています。


姿勢が乱れる→骨盤の位置がズレる→お尻を形成する筋肉が歪む→お尻が垂れる→お尻が大きく見える


という流れです。正しい姿勢を心がけていると骨盤も正しい位置に戻っていきます。


リンパの流れをよくする!


お尻がどっしり大きくみえてしまうのは、老廃物がたまっていることが原因の場合もあります。


新陳代謝がおとろえると体内の老廃物が輩出されず、下半身にたまっていくんです。脂肪はついてないのに老廃物のせいで大きくみえる。何か損ですね。


まとめ



以上で紹介してきたように、適度な運動、姿勢を良く保つ、リンパの流れを良くする、食生活の改善・・・など、お尻痩せしたい方は日々の生活習慣に少しずつ「お尻痩せ習慣」を取り入れてみては?


そのうえで、必要であればキャビテーションによるおしり痩せを組み合わせてみるのも良いでしょう。その他、ライポソニックス、ヴェラシェイプ、ウルティマ・アンサンブル、ウルトラアクセントなども効果的です。


その他の部位の部分痩せ

背中の余分な贅肉・ハミ肉を落としたい!背中を痩せさす方法は?
どれだけ腹筋をしても、お腹の脂肪はとれない?
太もも・内もも・ふくらはぎ・足痩せに効果的な方法は?





人気キャビテーションエステ一覧

 

キャビテーションエステQ&A

 

キャビテーションと他の痩身方法の比較

 

痩身エステQ&A

 

部位別ダイエット方法

 

地域別キャビテーションエステ

 

ダイエット豆知識

 

ダイエットについての調査結果

 

IP分散レンサバ